メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

見応えある435点 日東書道連盟展 倉敷・きょうから /岡山

 園児から中学生までが対象の第50回日東書道連盟全国展が28日から倉敷市玉島阿賀崎1の市玉島文化センターで始まる。29日まで。入場無料。

 同市が拠点の同連盟などが主催。毛筆と硬筆の計435点を展示する。毛筆では平仮名2文字から始まり、学年が上がるごとに楷書の漢字が増えて難しくなり、中学2、3年は行書になる。硬筆もマス目のある用紙から始まり、学年が上がるとマス目なし用紙になるなど、難易度が上がる手本に挑戦している。

 午前10時開場。28日は午後5時、29日は午後3時まで。【小林一彦】

この記事は有料記事です。

残り783文字(全文1026文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

  3. ベスト電器、企業として消滅へ ヤマダデンキが吸収合併 かつての家電業界トップ

  4. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  5. メルケル首相がトランプ米大統領を擁護? 発言録をドイツ文学者が読み解く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです