築上町長が歴史授業 郷土の偉人を解説 椎田小で /福岡

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 築上町の新川久三町長が26日、町立椎田小(宮内智久校長)で6年生の児童たちに郷土の歴史について講話する“出前授業”をした。

 総合的な学習の時間を活用。授業で江戸時代の中津街道などを学習しており、宮内校長が「郷土の歴史に詳しいから」と講師役を依頼した。

 新川町長は、地元にゆかりのある景行天皇、菅原道真ら5人の歴…

この記事は有料記事です。

残り235文字(全文391文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集