メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県が外国人雇用セミナー 企業担当者ら80人参加 コロナで苦境、留学生らの受け入れ学ぶ /佐賀

外国人と接するときは「先入観を持って決めつけないで」などと話す大室文さん

 県は25日、県内企業などを対象に、外国人材の雇用を支援するためのセミナーを開いた。全国では新型コロナウイルスの感染拡大で職を失い、雇用や生活の面で苦境に陥る外国人労働者が少なくない。佐賀市であったセミナーには企業の人事担当者ら約80人が参加し、技能実習生や留学生の受け入れの現状や課題を学んだ。【竹林静】

 佐賀労働局の三宅秀朋・職業安定部長らが講師を務め、外国人が就労する上で必要な在留資格や雇用管理の注意点、採用前の心構えなどを説明。2017年に43・5万人だった県内の労働力人口は40年には38・3万人まで減少するとの見通しを示した上で、「外国人材が活躍できる職場づくりが必要だ」と強調した。

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文613文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  3. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  4. 1.17生まれの前頭・照強「この日に相撲を取ることが責任」阪神大震災26年

  5. コロナで変わる世界 偽情報の規制が情報統制に デジタル世界の専門家が警告する「不安の増幅」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです