メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

住民悲願の救急車配備へ 日向市消防署東郷分遣所に /宮崎

 日向市は、山間部にある東郷町の市消防署東郷分遣所に救急車を配備する方針を固めた。27日開会の市議会定例会に消防職員を増員するための職員定数条例改正案を上程した。東郷町は救急対応が可能な市中心部の病院まで遠いうえ、地元の市立東郷病院も医師不足で時間外診療を休止しており、救急車配備は住民の悲願だった。【重春次男】

 十屋幸平市長は提案理由説明で「東郷地域で救急搬送体制を充実するため、できる限り早期の(救急車の)運用開始を目指す」と述べた。ただ、条例が改正されても新規採用した消防職員の養成に一定期間が必要のため、救急車配備は1年以上先になる見通し。

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文553文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  3. 「かみさまのばか」祖母を奪った阪神大震災 小2で被災した34歳男性が今祈ること

  4. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです