メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マイナンバー連結見送り 銀行口座と 政府判断「時期尚早」

 社会保障と税の共通番号(マイナンバー)制度について、政府は27日、預貯金口座情報とのひも付け(連結)義務化を見送る方針を固めた。義務化への抵抗感が根強い中、時期尚早だと判断した。国民の資産状況を正確に把握し、社会保障の給付と負担を適正化する制度本来の目的は、さらに遠のくことになる。

 政府は同日に首相官邸で開いたマイナンバー制度を検討する作業部会に新たな制度案を示した。それによると、ひも付けの義務化を見送る一方、国民が任意で緊急時の給付金などの公的な給付を受けるための1口座をマイナンバーとひも付けて登録。申請手続きの簡素化や素早い給付を可能にする仕組み作りを進める。

 これとは別に、相続時や災害時に通帳が行方不明になった場合に備え、複数の預貯金口座をマイナンバーとひも付けて本人や家族が口座情報を確認しやすくする仕組みを設ける。新規の口座開設などの際、金融機関には預金者にマイナンバー提供を求めることを義務付けるが、預金者には告知義務は課さない。

この記事は有料記事です。

残り336文字(全文762文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  2. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  3. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  4. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  5. 「その気になればできる」 国産長射程ミサイルに込められた「隠れた狙い」とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです