メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国民、改憲骨子提示 「自衛隊保持」明文化

 国民民主党は27日、党憲法調査会を開き、党独自の憲法改正草案の骨子(たたき台)を示した。平和主義を明確にするとして、自衛権を行使できる範囲や「自衛隊の保持」を条文化すると明記。憲法13条の「個人の尊重」をサイバー空間に拡張させる「データ基本権」創設や、「同性婚の保障」も掲げた。年内の草案概要とりまとめを目指す。

 骨子では、自衛権行使の範囲について(1)個別的自衛権に限定(2)「フルスペック(制限なし)」の集団的自衛権(3)限定された集団的自衛権――の3パターンを併記した。山尾志桜里・憲法調査会長は会合で「決め打ちする軽い論点ではない。論点の整理も政党の役割だ」と述べ、党内で検討を続ける考えを示した。

この記事は有料記事です。

残り304文字(全文608文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

  5. 首相、コロナ病床増へ意欲 医師や看護師の給与増提言に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです