メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国民、改憲骨子提示 「自衛隊保持」明文化

 国民民主党は27日、党憲法調査会を開き、党独自の憲法改正草案の骨子(たたき台)を示した。平和主義を明確にするとして、自衛権を行使できる範囲や「自衛隊の保持」を条文化すると明記。憲法13条の「個人の尊重」をサイバー空間に拡張させる「データ基本権」創設や、「同性婚の保障」も掲げた。年内の草案概要とりまとめを目指す。

 骨子では、自衛権行使の範囲について(1)個別的自衛権に限定(2)「フルスペック(制限なし)」の集団的自衛権(3)限定された集団的自衛権――の3パターンを併記した。山尾志桜里・憲法調査会長は会合で「決め打ちする軽い論点ではない。論点の整理も政党の役割だ」と述べ、党内で検討を続ける考えを示した。

この記事は有料記事です。

残り304文字(全文608文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 脳しんとうの力士が取り直し 土俵の安全性に警鐘 協会、初場所後に本格協議へ

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 警視庁担当記者が過激派「中核派」のアジトに入り、見た世界とは

  5. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです