メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

沖縄県がまた敗訴 辺野古埋め立て国裁決 那覇地裁

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設を巡り、国土交通相が沖縄県の埋め立て承認撤回処分を取り消した裁決は違法だとして、県が国に裁決の取り消しを求めた訴訟の判決が27日、那覇地裁であった。山口和宏裁判長は県の請求を却下した。県は控訴する方針。辺野古移設を巡っては、国と県の法廷闘争に発展しているが、県の敗訴が続いている。

 山口裁判長は過去の最高裁判例から「県の訴えは県の権利や利益の救済を求めるものではなく、裁判の対象にならない」とした。県による埋め立て承認撤回の正当性や、国交相による裁決の適法性については判断を示さなかった。

この記事は有料記事です。

残り349文字(全文624文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. マスク拒否し緊急着陸させた大学職員逮捕 威力業務妨害などの疑い 大阪府警

  3. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  4. ORICON NEWS 松本潤「嵐という船を一度降りて」大河主演決意までの葛藤 オファー一度は保留[コメント全文]

  5. 全国で新たに5320人感染確認 死者は最多の104人 重症者は初の1000人超

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです