メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

沖縄県がまた敗訴 辺野古埋め立て国裁決 那覇地裁

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設を巡り、国土交通相が沖縄県の埋め立て承認撤回処分を取り消した裁決は違法だとして、県が国に裁決の取り消しを求めた訴訟の判決が27日、那覇地裁であった。山口和宏裁判長は県の請求を却下した。県は控訴する方針。辺野古移設を巡っては、国と県の法廷闘争に発展しているが、県の敗訴が続いている。

 山口裁判長は過去の最高裁判例から「県の訴えは県の権利や利益の救済を求めるものではなく、裁判の対象にならない」とした。県による埋め立て承認撤回の正当性や、国交相による裁決の適法性については判断を示さなかった。

この記事は有料記事です。

残り349文字(全文624文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  2. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  3. 「その気になればできる」 国産長射程ミサイルに込められた「隠れた狙い」とは

  4. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  5. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです