メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ネイチャー掲載、名大が論文撤回 データ一部誤り

 英科学誌ネイチャーは25日付電子版で、名古屋大トランスフォーマティブ生命分子研究所の伊丹健一郎教授(合成化学)らによる論文を、同研究所が撤回したと発表した。実験データの一部に誤りがあった。名大は調査委員会を設置し、不正の有無や経緯、原因などを調べている。

 次世代半導体やセンサーとして期待されるシー…

この記事は有料記事です。

残り147文字(全文297文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック開催「米国次第」 組織委理事の高橋治之氏が発言と米紙報道

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  4. 自公、幹部の銀座クラブ出入りで危機感 野党「店罰して議員罰しないのは言語道断」

  5. 「見捨てられるのでは」都民フ議員、都議選を前に焦り 小池氏は自民と接近?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです