メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

本はともだち

ムーミンの物語 誕生秘話

トーベ・ヤンソン(C)Moomin Characters TM

 <くらしナビ ライフスタイル>

 北欧フィンランドの作家、トーベ・ヤンソン(1914~2001年)による人気童話「ムーミン」。実は最初の物語は第二次世界大戦の終結直後の45年に出版されたが、その後絶版となり、「幻の作品」と呼ばれていた。ムーミンはなぜ生まれたのか、そしてなぜ読み継がれるのか。日本での出版元である講談社でムーミン作品を担当し、生前のトーベと交流があった元編集者に話を聞いた。

 ムーミンシリーズは全9冊で、45~70年に出版された。45年の終戦後に発行した第1作「小さなトロールと大きな洪水」は、50ページに満たない薄い表紙の小冊子で部数もわずかだった。初版だけで絶版となり、再出版されたのは46年も後の91年だった。

この記事は有料記事です。

残り1282文字(全文1598文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  2. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  3. 「かみさまのばか」 今井さんがつづった読書感想文の原文

  4. 衆院北海道2区補選 野党一本化方針を継続 立憲道連

  5. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです