メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

みっちん大変・石牟礼道子物語

/7 曙光/4 里芋の葉につつむ=米本浩二

=田鍋公也撮影

 <土曜カルチャー>

 ◆曙光(しょこう)

前回までのあらすじ

 みっちんは盲目の祖母おもかさまのお守りをしている。雪の夜、立ちすくむふたりは不穏な気配に包まれる。近所の遊女屋の女性が中学生に刺殺される事件が起きた。畳を染める鮮血。みっちんは自分が刺されたかのような衝撃を受けた。

 だてに漂浪(され)いているわけじゃないからね。たいていのウワサはオレの耳に入る。不仲の松太郎と亀太郎がひそひそ声で話し込むのはよくない兆候だ。古参の石工が「出ていく銭ばかりで、泊まってくれる銭がなか」と朋輩(ほうばい)に話すのを聞いた。吉田組は財政的に苦境にあるらしい。

 昭和初年、石はすべての建造物の基礎であるから、天草伝来の加工技術を駆使する吉田組は引く手あまただった。しかし、惣領(そうりょう)の松太郎が趣味人の本領を発揮して、山の奥深くの道路建設など採算を度外視して請け負うので、まったくもうからない。もうかるどころか虎の子の山々を売り払って赤字を補塡(ほてん)しているありさまなのだ。

この記事は有料記事です。

残り1931文字(全文2366文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  4. 特集ワイド コロナで疲弊する病院 現場の負担、省く支援を 神戸大大学院教授・岩田健太郎

  5. 菅政権は自民「脱原発派」の追い風になるか 再エネ普及にも意欲

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです