メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 嘉穂劇場、存続危機 運営法人解散へ

 国登録有形文化財の嘉穂劇場(福岡県飯塚市)を運営する認定NPO法人・嘉穂劇場(伊藤英昭理事長)が経営難を理由に30日の理事会で解散を議決する方針を固めた。新型コロナウイルスの影響で公演キャンセルなどが相次ぎ、売り上げが落ち込んでいた。関係者によると法人と市が劇場存続へ協議しており、片峯誠市長は「貴重な文化遺産で何としても残したい」としている。

 法人によると今年2月以降、コロナの影響で公演や劇場見学の中止が続き、4月以降の売り上げは前年同期比で約8割減。9月の台風10号などで施設の傷みも増し、修復や空調機器の整備が難しくなっていた。市と施設譲渡などを協議している伊藤理事長は「(解散議決後も)譲渡先や運営主体が決まるまで解散届は出さない。予約分の公演はやり遂げる」としている。

この記事は有料記事です。

残り153文字(全文494文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  3. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  4. 1.17生まれの前頭・照強「この日に相撲を取ることが責任」阪神大震災26年

  5. コロナで変わる世界 偽情報の規制が情報統制に デジタル世界の専門家が警告する「不安の増幅」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです