メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イラン核科学者の暗殺 イスラエル関与疑惑浮上で中東緊張

最高指導者ハメネイ師と面会する核科学者のモフセン・ファクリザデ氏(右)=イランの首都テヘランで2019年1月、イラン最高指導者事務所提供・AP

 イランの首都テヘラン郊外で27日、乗用車で移動中だった核科学者モフセン・ファクリザデ氏が何者かに銃撃され、搬送先の病院で死亡した。中東の衛星テレビ局アルジャジーラなどが伝えた。同氏は2000年代にイランの核兵器製造計画を率いた人物とみられており、ザリフ外相はイランと敵対するイスラエルが関与した「重大な形跡」があるとツイートした。最高指導者ハメネイ師の軍事顧問を務めるデフガン元国防相も「自らの行いを後悔させる」と報復を宣言しており、緊張激化は必至だ。

 現地からの報道によると、現場はテヘランから東へ約70キロの町アブサード。待ち伏せ攻撃をしたのは3~4人で、ファクリザデ氏のほか、攻撃側も数人が死亡したという。

この記事は有料記事です。

残り441文字(全文748文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. テレ東・大江麻理子キャスターらマスク着用 「緊急事態宣言受け決断」

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 声なき声を捕捉せよ コロナと連動する菅内閣支持率

  5. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです