パリ同時多発テロで人質に…トラウマになった生存者が語る恐怖とその後

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
2015年のパリ同時多発テロで人質になったダビ・フリツ・ゴピンジェルさん=本人提供
2015年のパリ同時多発テロで人質になったダビ・フリツ・ゴピンジェルさん=本人提供

 130人の犠牲者と300人以上の負傷者を出した2015年11月のパリ同時多発テロ事件から5年が経過し、テロ事件で人質となった男性が、オンラインでの取材に応じた。事件後、仏社会では被害者支援の取り組みが広がったが、新たな事件の発生が、心的外傷(トラウマ)を負った被害者にとって大きな負担となっている。

 「もう自分の命はないと思った。すべての感情が止まった」。…

この記事は有料記事です。

残り1345文字(全文1524文字)

あわせて読みたい

ニュース特集