特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

分散、ネット、代理… 初詣のコロナ対策、新しい参拝様式

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
参拝時期をずらすことや対策を呼びかけるチラシ=埼玉県神社庁作製
参拝時期をずらすことや対策を呼びかけるチラシ=埼玉県神社庁作製

 新型コロナウイルス感染症が収まらない中、各地の神社は初詣の参拝客向けの感染対策を進めている。中でも、三が日を避けてもらう「分散参拝」を求めている神社が多い。インターネットを使ったり、年明け前から縁起物の授与を始めたりと感染リスクをなくしながら参拝客の便宜を図る神社もある。【尾崎修二】

 「三が日などにこだわらず時期をずらして参拝しましょう」――。

 埼玉県神社庁(さいたま市)は「変わらない祈りのために」と題した感染症予防のポスターを作製し、ガイドラインとともに各地の神社関係者らに向けて公開している。

この記事は有料記事です。

残り953文字(全文1204文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集