メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小牧市が人権擁護条例案、コロナ感染者中傷禁じる 12月議会提出へ 愛知

「感染者やご家族、関係者への誹謗・中傷は絶対に許されることではありません」「誰が感染してもおかしくない」。小牧市の新型コロナウイルス感染症関係者の人権擁護条例案には、人権尊重への強い決意がにじむ=愛知県小牧市提供

 新型コロナウイルスに感染した人や関係者の人権を守るため、愛知県内自治体が条例制定など対応に乗り出している。小牧市は、感染者や家族、関係者への中傷を禁じ、人権擁護にねらいを絞った条例案の施行を目指す。一宮市は12月1日から、県内で初めて中傷に悩む市民に対応する相談窓口を開設する。【細川貴代、川瀬慎一朗】

この記事は有料記事です。

残り655文字(全文807文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  4. 潮流・深層 バイデン次期米大統領に立ちはだかる「穏やかな人たち」

  5. ORICON NEWS 新型コロナワクチン、6割超「受けたくない」 女子高生100人にアンケート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです