特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

看護学生、人形利用し模擬実習 コロナで受け入れ医療機関減り 北九州

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
人形を40代の女性がん患者に見立てての模擬実習。手術後の容体も想定し、退院に向けての患者への指導法も学ぶという=北九州市小倉北区馬借で2020年10月8日、伊藤和人撮影
人形を40代の女性がん患者に見立てての模擬実習。手術後の容体も想定し、退院に向けての患者への指導法も学ぶという=北九州市小倉北区馬借で2020年10月8日、伊藤和人撮影

 新型コロナウイルスの影響で、全国の看護学校では医療機関を中心に実施するはずの臨地実習の多くが中止された。福岡県小倉北区馬借の北九州市立看護専門学校(3年制、121人)では今年度、学生たちが人形などを使った模擬実習に取り組んできた。学生にとって患者と接する機会が失われる不利益は大きいといい、学校は学生の不安への理解や支援を訴えている。【伊藤和人】

 同校の実習室。ベッドに横たわる子どもの人形に3年生が「痛くないよ」と声をかけながら血圧や脈拍を測る。人形はぜんそくの4歳女児という設定。別のベッドでは、直腸がんの手術を終えたばかりの40代女性に見立てた人形に点滴の管を取り付け、酸素吸入の流量をチェックする。

この記事は有料記事です。

残り1074文字(全文1378文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

関連する特集・連載など

あわせて読みたい

注目の特集