鳥インフルの防疫措置完了 約9万羽を殺処分 福岡・宗像

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
飼育されている鶏に鳥インフルエンザの陽性が確認され、殺処分と消毒作業が始まった福岡県宗像市の養鶏場=福岡県提供
飼育されている鶏に鳥インフルエンザの陽性が確認され、殺処分と消毒作業が始まった福岡県宗像市の養鶏場=福岡県提供

 福岡県宗像市の養鶏場で高病原性の鳥インフルエンザが発生したことを受け、県は28日、鶏の殺処分や埋却処分など国の指針に基づき必要な防疫措置を完了したと発表した。県によると、28日朝までにこの養鶏場で飼育されていた全9万1945羽の殺処分や死骸、飼料などの敷地内での埋却処分、全体の消毒作業を終えた。

 また県は、27日に発生養鶏場以外の県内…

この記事は有料記事です。

残り48文字(全文217文字)

あわせて読みたい

注目の特集