電動キックボードで公道すいすい 観光などに活用へ実験スタート 広島・尾道

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
電動キックボードで公道を走る平谷祐宏市長(手前)ら=広島県尾道市瀬戸田町瀬戸田で2020年11月27日午前10時26分、渕脇直樹撮影
電動キックボードで公道を走る平谷祐宏市長(手前)ら=広島県尾道市瀬戸田町瀬戸田で2020年11月27日午前10時26分、渕脇直樹撮影

 電動キックボードを公道で走らせる実験が27日、広島県尾道市の瀬戸田港を起点とする11キロのコースで始まった。2021年3月末まで続け、観光や日常生活の交通手段としての有効性や課題を確認する。

 電動乗り物のシェアリング事業を手掛けるモビーライド(福岡市)が国の新事業特例制度の認定を受け、全国各地で実施している。電動キックボードはアクセ…

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文420文字)

あわせて読みたい

注目の特集