メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「作家になるとは思わなかった」三浦しをんさん流「小説の書き方」

小説の書き方や読み方について語る作家の三浦しをんさん=東京都千代田区で2020年11月12日、藤井太郎撮影

 熱い友情、悲しい恋愛、夢あふれる冒険――。心揺さぶられる小説に出合ったとき、自分も物語を書きたいと思ったことはないだろうか。しかし、いざ書こうとすると、なかなか筆が進まず、「才能がない」と諦める人も少なくない。才能がないと、小説は書けないのか。毎日小学生新聞の質問に、作家の三浦しをんさんがこたえた。【長岡平助】

この記事は有料記事です。

残り2155文字(全文2312文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  2. 新型コロナ 特措法改正案 まん延防止措置、修正 自民、発動厳格化検討

  3. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 余録 米国でスペインかぜが…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです