「作家になるとは思わなかった」三浦しをんさん流「小説の書き方」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
小説の書き方や読み方について語る作家の三浦しをんさん=東京都千代田区で2020年11月12日、藤井太郎撮影
小説の書き方や読み方について語る作家の三浦しをんさん=東京都千代田区で2020年11月12日、藤井太郎撮影

 熱い友情、悲しい恋愛、夢あふれる冒険――。心揺さぶられる小説に出合ったとき、自分も物語を書きたいと思ったことはないだろうか。しかし、いざ書こうとすると、なかなか筆が進まず、「才能がない」と諦める人も少なくない。才能がないと、小説は書けないのか。毎日小学生新聞の質問に、作家の三浦しをんさんがこたえた。【長岡平助】

この記事は有料記事です。

残り2155文字(全文2312文字)

あわせて読みたい

ニュース特集