メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「開けなしゃあない」 閉店要請時刻過ぎた大阪の夜 記者が見た怒り、不安

新型コロナウイルスによる時短営業要請への協力を伝える張り紙を書く男性=大阪市北区で2020年11月27日午後8時55分、藤井達也撮影

 大阪府が新型コロナウイルス感染防止のため、大阪市の北区と中央区の飲食店に営業時間短縮や休業を求めた27日、閉店要請時刻の午後9時を過ぎた街はどうなったのか。夜の繁華街を歩いた記者がそのまま取材を続けた。人影が減る中、要請に応じず明かりをともす店もある。「(春からの不況で)元々大変や。店を開けなしゃあない」「潰れろと言うんか」。盛り場に、やり場のない怒りや不安が渦巻いていた。

この記事は有料記事です。

残り1954文字(全文2143文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  4. 潮流・深層 バイデン次期米大統領に立ちはだかる「穏やかな人たち」

  5. ORICON NEWS 新型コロナワクチン、6割超「受けたくない」 女子高生100人にアンケート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです