メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

河井案里議員の秘書、有罪確定へ 連座制適用認められれば当選無効に

河井案里議員

 参院議員の河井案里被告(47)=広島選挙区、公職選挙法違反(買収など)で公判中=が初当選した2019年参院選を巡り、車上運動員に違法な報酬を支払ったとして公選法違反(運動員買収)に問われた案里議員の公設第2秘書、立道(たてみち)浩被告(55)の上告審で、最高裁第1小法廷(山口厚裁判長)は25日付で被告側の上告を棄却する決定を出した。懲役1年6月、執行猶予5年とした1、2審判決が確定する。

 検察側は、立道被告を連座制の適用対象となる「組織的選挙運動管理者等」として起訴した。禁錮刑以上の有罪が確定するため、広島高検が起こす行政訴訟で連座制の適用が認められれば、案里議員の当選は無効となり失職する。

この記事は有料記事です。

残り201文字(全文501文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

  3. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  4. トランプ氏の弾劾裁判、「2月第2週」開始 上院の民主と共和が合意

  5. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです