メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ライバルは越前や松葉…カニブランド向上へ 石川県「加能ガニ金沢」の挑戦

今季デビューした「加能ガニ金沢」=金沢市のかなざわ総合市場で2020年11月6日午後10時8分、深尾昭寛撮影

 冬の味覚の王様「ズワイガニ」を巡って、石川県内でブランド化に向けた取り組みが続いている。今年からは一定の条件を満たしたものが「加能(かのう)ガニ金沢」(雄)、「金沢香箱(こうばこ)」(雌)と名付けて出荷されることになった。高い人気を誇る福井県の「越前がに」や山陰地方の「松葉がに」の後じんを拝する状況を脱することができるか。【深尾昭寛】

 ズワイガニ漁が解禁された11月6日夜、金沢市無量寺町のかなざわ総合市場。漆の黒と金をイメージさせる専用のタグが取り付けられたカニが並び、仲買人らが次々に競り落としていった。

この記事は有料記事です。

残り1055文字(全文1311文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  2. 現職の吉村美栄子氏が4選 自公推薦の新人破る 山形県知事選

  3. 岐阜県知事選 古田氏が5選 新人3氏を破る

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです