高知で「学生よさこい」 普段の祭りと同じ熱気で 中学生や大学生ら140人笑顔

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
よさこい踊りを披露する学生ら=高知市帯屋町1の高知市中央公園で2020年11月28日午後2時35分、北村栞撮影
よさこい踊りを披露する学生ら=高知市帯屋町1の高知市中央公園で2020年11月28日午後2時35分、北村栞撮影

 高知県内の学生チームがステージ上でよさこい踊りを披露する「土佐学生よさこい交流祭2020」が28日、高知市中央公園(同市帯屋町1)で開かれた。新型コロナウイルスの影響で8月9~12日のよさこい祭りは中止となったが、感染対策を講じて代替イベントとして実施。色鮮やかな衣装に身を包んだ学生らは、最後まで笑顔で踊りきった。

 2019年に初めて、学生中心のよさこいイベント「土佐学生よさこい大会」がよさこい祭り初日に開催された。今年も開催予定だったが、新型コロナの影響で中止になった。実行委によると、オンラインでの開催も考えたが「熱気や空気感は現地に行かないと感じられない」と実際に集まって踊る形にこだわった。感染防止対策について他イベントの主催者から助言をもらい、ステージ上の人数制限や検温の実施などの対策を講じた上で開催…

この記事は有料記事です。

残り164文字(全文523文字)

あわせて読みたい

注目の特集