メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

#生きるのがつらいあなたへ

統合失調症と向き合うお笑い芸人・ハウス加賀谷さん コンビがたどり着いた「境地」

インタビューに答えるハウス加賀谷さん=東京都新宿区で2020年11月2日、大西岳彦撮影

 お笑いコンビ「松本ハウス」の主にボケ役として知られるハウス加賀谷さん(46)。破天荒なキャラで人気を集め、1990年代に人気だったテレビのお笑い番組「ボキャブラ天国」(フジテレビ系)での活躍は今も語り草になっている。一方、その陰で持病の統合失調症が悪化し、幻覚や妄想に度々悩まされていたという。活動停止や芸能界復帰といったこれまでの歩みと、今も続く病との付き合いについて、相方の松本キックさん(51)と一緒に語ってもらった。【金志尚/統合デジタル取材センター】

自殺しようと大量の薬を一気飲み

 ――松本ハウスは90年代、「ボキャブラ天国」で人気者になりました。加賀谷さんは当時、どんな状態だったのでしょうか。

 ◆加賀谷 さまざまな症状が出ていました。例えば幻覚や妄想です。家で窓の向こうに目をやると、ライフルを持ったスナイパー(狙撃手)がいるんです。電柱の陰や駐車場、軽トラックの荷台など、現れる場所はさまざまです。…

この記事は有料記事です。

残り4765文字(全文5173文字)

金志尚

2007年入社。大津支局、松江支局、北陸総局、大阪社会部などを 経て、20年10月から統合デジタル取材センター。外国人、障害者ら「マ イノリティー」をテーマに取材をしてきました。東京出身ですが、東京勤務は初 めて。あまり分野を特定せず、広く政治や社会問題全般をフォローしていきたい と思います。趣味は映画、小説、スポーツ。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 新型コロナ、国内の死者5000人に 14日間で1000人増

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  5. 香取慎吾さん「声に出せることしか投稿しない」 SNSでの中傷がテーマのドラマに主演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです