特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

自らに言い聞かせた魔法の言葉 「打たれても粘り強く」 ホンダ先発左腕・東野

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【横浜市(ENEOS)-狭山市(ホンダ)】力投する狭山市の先発・東野=東京ドームで2020年11月28日、平川義之撮影
【横浜市(ENEOS)-狭山市(ホンダ)】力投する狭山市の先発・東野=東京ドームで2020年11月28日、平川義之撮影

 第91回都市対抗野球大会第7日の28日、狭山市・ホンダ(南関東第1代表)は横浜市・ENEOS(西関東第1代表)に、延長十回タイブレークの末、3―2で逆転サヨナラ勝ちした。劇的勝利に貢献したのが、狭山市の先発左腕の東野(ひがしの)。横浜市に10安打されながらも緩急を利かせて1失点にしのぎ、流れを渡さなかった。

 昨年のドームは初戦で先発。社会人3年目の今季は2戦目に回った。初戦は新人の朝山に託され「ちょっと悔しかった」。横浜市の先発は、来季プロ野球・楽天に活躍の舞台を移す同じ左の藤井。一回は微妙に力が入った。

 「真ん中に集まってしまった」結果、4連打を浴びた。左翼手の井上の好返球で生還を阻むなどバックに助けられ、1点でしのぐと、…

この記事は有料記事です。

残り351文字(全文668文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする