フィギュア界のサラブレッド躍動 新王者・鍵山 羽生以来の17歳 NHK杯

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
男子フリーでジャンプする鍵山優真=東和薬品ラクタブドームで2020年11月28日(代表撮影)
男子フリーでジャンプする鍵山優真=東和薬品ラクタブドームで2020年11月28日(代表撮影)

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ最終戦、NHK杯最終日は28日、大阪府門真市の東和薬品ラクタブドームで行われ、男子はSP首位で17歳の鍵山優真(神奈川・星槎国際高横浜)がフリー188・61点、合計275・87点で初優勝した。

 160センチの体を目いっぱいのけぞらせ、両手を広げるポーズで演技を終えると、観客はスタンディングオベーションで新王者をたたえた。今季シニアデビューで、GP初出場優勝という快挙を成し遂げた鍵山は「まだ実感がわかない」と初々しく語った。

 高さのあるジャンプだ。冒頭の4回転サルコウは出来栄え評価で4点以上の加点を引き出し、続く4―3回転トーループも得点を上積み。「ノーミスに近い演技ができた」と、終わってみれば合計点で2位に50点近い大差をつける圧勝だった。

この記事は有料記事です。

残り282文字(全文630文字)

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集