「きっと…」天を仰いだ西部ガス・村田 七色の変化球に込めた思い 都市対抗

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【福岡市(西部ガス)-東京都(鷺宮製作所)】最後の打者を三振に仕留めガッツポーズする福岡市の村田=東京ドームで2020年11月28日、北山夏帆撮影
【福岡市(西部ガス)-東京都(鷺宮製作所)】最後の打者を三振に仕留めガッツポーズする福岡市の村田=東京ドームで2020年11月28日、北山夏帆撮影

 第91回都市対抗野球大会は第7日の28日、第3試合の2回戦で福岡市・西部ガス(九州第2代表)が東京都・鷺宮製作所(東京第4代表)に2―1で逆転勝ちし、1回戦の大会初勝利に続いて準々決勝進出を決めた。先発右腕・村田が3安打1失点で完投勝利を果たした。

 福岡市の先発・村田がマウンドに立つと、勢いよく飛び出した打球が外野手のグラブに収まり、強いゴロも内野手の正面に飛ぶのだから、実に不思議だ。その秘密は、右横手から放たれる七色の変化球。多彩な球種を駆使して打者を幻惑…

この記事は有料記事です。

残り653文字(全文885文字)

あわせて読みたい