巨人・ドラ4伊藤、自己最速156キロも… ENEOSサヨナラ負け 都市対抗

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【横浜市(ENEOS)-狭山市(ホンダ)】延長タイブレーク十回裏狭山市1死満塁、井上のサヨナラ2点二塁打で敗れ、ぼうぜんとする横浜市の3番手・伊藤(手前左)と捕手・柏木=東京ドームで2020年11月28日、北山夏帆撮影
【横浜市(ENEOS)-狭山市(ホンダ)】延長タイブレーク十回裏狭山市1死満塁、井上のサヨナラ2点二塁打で敗れ、ぼうぜんとする横浜市の3番手・伊藤(手前左)と捕手・柏木=東京ドームで2020年11月28日、北山夏帆撮影

 第91回都市対抗野球大会は第7日の28日、2回戦を行い、横浜市・ENEOS(西関東第1代表)は延長十回タイブレークの末に、2―3で狭山市・ホンダ(南関東第1代表)にサヨナラ負けした。横浜市の補強選手の右腕・伊藤(三菱パワー)は同点の七回から3番手で登板したが、延長十回に決勝打を許した。

 1点リードの延長十回、1死満塁から始まるタイブレークという極限状態でも、マウンド上の横浜市・伊藤は冷静だった。「失投は許されない」…

この記事は有料記事です。

残り600文字(全文810文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい