東日本大震災

福島第1原発事故 原子力災害備え、避難訓練 川俣町民と県など手順確認 /福島

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
簡易テントを見学する参加者=福島県川俣町保健センターで2020年11月28日、磯貝映奈撮影
簡易テントを見学する参加者=福島県川俣町保健センターで2020年11月28日、磯貝映奈撮影

 東京電力福島第1原発事故で、2017年3月まで避難指示が出ていた川俣町山木屋地区の住民20人と、県や町、県警などの職員40人が28日、川俣町内で原子力災害の発生に備えた「福島原子力防災訓練(住民避難訓練)」を行った。

 訓練は、県内で原子力災害が発生した際に対応する、県や市町村職員など防災業務関係者の業務手順の確認や、住民の避難対応力向上が目的。14年から台風19号で中止となった昨年を除いて毎年行い…

この記事は有料記事です。

残り303文字(全文504文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集