連載

第91回都市対抗野球

毎日新聞デジタルの「第91回都市対抗野球」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

第91回都市対抗野球

ホンダ、投打に底力 11年ぶり8強 ベテラン存在感 /埼玉

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【ENEOS-ホンダ】延長タイブレーク十回裏ホンダ1死満塁、井上の逆転サヨナラ打で二塁から生還し喜ぶ吉田=東京ドームで2020年11月28日、西夏生撮影
【ENEOS-ホンダ】延長タイブレーク十回裏ホンダ1死満塁、井上の逆転サヨナラ打で二塁から生還し喜ぶ吉田=東京ドームで2020年11月28日、西夏生撮影

 第91回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)は28日、県勢の狭山市・ホンダが2回戦で横浜市・ENEOSと対戦し、延長十回に3―2で逆転サヨナラ勝ち。投打のベテランが底力を見せ、優勝した2009年以来11年ぶりの8強入りを果たした。ホンダは30日第3試合の準々決勝で福岡市・西部ガスと対戦する。【平本絢子】

 ベテランの一打がチームを救った。1点を追う延長十回裏。1死満塁から始まる場面で、開田監督が選択した打者は8年目の3番・井上だった。直球を振り抜き、左翼線に鋭い当たりを放つと、走者2人が本塁へ。逆転サヨナラ勝利が決まった瞬間、ベンチから選手が飛び出し、喜びを分かち合った。

この記事は有料記事です。

残り758文字(全文1053文字)

あわせて読みたい