新型コロナ 学校に一泊、肝試し/チャーター機で遊覧飛行 知恵絞り、笑顔の思い出 /千葉

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
段ボール製のベッドに布団を敷き、寝転ぶ児童=千葉県多古町で2020年11月13日午後7時28分、中村宰和撮影
段ボール製のベッドに布団を敷き、寝転ぶ児童=千葉県多古町で2020年11月13日午後7時28分、中村宰和撮影

修学旅行は行けなかったけど……

 新型コロナウイルスの影響で修学旅行を中止した学校現場が「代わりに子どもたちの思い出に残ることを」と知恵を絞り、校内での宿泊体験や肝試し、航空機をチャーターした遊覧飛行などを実施している。【中村宰和】

保護者らが企画

 「キャー」。真っ暗な小学校の校舎に子どもたちの悲鳴が響いた。肝試しをして盛り上がり、子どもたちは怖がったり、面白がったりしていた。

 多古町立多古第一小学校で13日、6年生50人が体育館で1泊2日の宿泊体験をした。5、6人のグループで懐中電灯1個を持ち、肝試しの会場の教室や図工室などを回った。保護者や教員がお化けなどの面をつけて驚かすと、子どもたちは座り込み、泣き出しそうになった。音楽室で突然、音が鳴り出す仕掛けもあった。

この記事は有料記事です。

残り1257文字(全文1592文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集