メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スキー場「お得なにいがた」 リフト券や用具レンタル 12月下旬から、県「ONI割」 /新潟

 県は12月下旬から、県内のスキー場でリフト券やレンタル用品一式を大幅に割り引く「にいがたO(お)NI(に)割キャンペーン」を始める。総事業費は1億8600万円で、事業費を盛った補正予算案を県議会12月定例会に提案する。

 若者言葉で「ものすごく」を意味する「鬼」と、「お得な新潟」の頭文字をかけて命名。現在映画が大ヒット中の人気作品「鬼滅の刃」にもあやかった。財源は全額国の新型コロナウイルス対策の交付金を充てる。

 対象となるのは、県内スキー場のリフト大人1日券▽レンタル用品一式(ボード・スキー、ウエア、ブーツ)▽スノーモービルなどの雪遊び体験――の三つ。駐車場料金相当の1000円分を割り引いた上で、いずれも半額にする。割引率は58~75%になる。リフト券は最大割引3500円で約4万枚、レンタル一式は最大5500円で約8000人が対象。雪遊び体験も最大5500円とする。「GoToトラベル」の対象となる宿泊付…

この記事は有料記事です。

残り168文字(全文575文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

  4. コロナで「困っています」物乞いする35歳 うつむく困窮者に届かぬ支援

  5. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです