メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロナに負けず強く生きよう 富山で県芸術祭・美術連合展 県内作家523点出品 /富山

希望を感じさせる題材が目立った美術連合展の書部門=富山市新総曲輪の県民会館で2020年11月28日、青山郁子撮影

 晩秋のアートイベント「第69回県芸術祭・美術連合展」(県など主催)が28日、富山市新総曲輪の県民会館で始まった。12月1日まで。入場無料。

 日本画家▽洋画▽彫刻家▽工芸作家▽書道▽写真――の6連盟で構成する県美術連合会(西藤哲夫会長)が毎年秋に開催。新型コロナウイルスの影響で多くの展覧会が中止される中、今年はベテランから若手まで県内作家による計523点の出品が…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文455文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ禍で東京オリンピックは開催できるのか 首相の経済回復願望と「五輪ムードない」医療の危機

  2. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  3. 熱血!与良政談 「菅降ろし」の始まり方=与良正男

  4. ORICON NEWS 第164回「直木賞」は西條奈加氏『心淋し川』 加藤シゲアキ受賞ならず

  5. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです