連載

北陸ひと模様

北陸の各県でさまざまな活動に取り組む人を紹介します。

連載一覧

北陸ひと模様

敦賀ムゼウム館長 西川明徳さん(50) 命の大切さ、伝える場に /福井

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
敦賀ムゼウム館長の西川明徳さん=敦賀市金ケ崎町で2020年11月20日午後4時17分、大島秀利撮影
敦賀ムゼウム館長の西川明徳さん=敦賀市金ケ崎町で2020年11月20日午後4時17分、大島秀利撮影

 1920~22年にシベリアから敦賀市に上陸したポーランド孤児や第二次世界大戦中の「杉原ビザ」によるユダヤ難民の記録などを展示する資料館「人道の港敦賀ムゼウム」(敦賀市金ケ崎町)の館長を務める。

 高校卒業まで上陸地であることを知らなかった。大学卒業後1年間、語学の勉強のためドイツに滞在。現地の友人とナチスによるダッハウ強制収容所(ミュンヘン郊外)を見学した。「広く知識を得るのが目的だった。帰国後、ユダヤ難民に関係する仕事をするとは思わなかった」。

 敦賀ムゼウムは2008年に開館したが、移転、新築して今月3日にリニューアルした。リトアニアのカウナス領事代理だった杉原千畝氏らが1940年からユダヤ難民に発給した日本通過(敦賀上陸)ビザなど12通を収めたデジタル端末を備える。

この記事は有料記事です。

残り662文字(全文1001文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集