メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

外国人技能実習生、清掃ボランティア 行橋・長井浜海水浴場 /福岡

海岸に漂着したゴミや流木を片付ける外国人技能実習生ら=2020年11月28日午前9時44分、松本昌樹撮影

 行橋市の長井浜海水浴場一帯で28日、市内で研修中の外国人技能実習生らが、漂着したゴミや流木を撤去する清掃活動に取り組んだ。実習生の受け入れ監理団体「東九州ヒューマンサポート事業協同組合」(同市・林鋭典代表理事)が、企業への配属を前に、地域貢献活動を通して、「人や地域のために自分に何ができるのか」を考えてもらおうと企画した。

 清掃活動には11月中旬に来日し、新型コロナウイルス感染防止のための2週間の隔離期間を終えたばかりのベトナム人11人、モンゴル人2人と、地元企業のボランティアら計約35人が参加した。実習生は本国で4~6カ月間の研修を経て来日。市内にある協同組合の研修施設で約1カ月集団生活をしながら、日本語や生活マナー、犯罪に巻き込まれないための知識などを学んだ後、配属先の建設会社や部品加工メーカーなどに入社し、働…

この記事は有料記事です。

残り132文字(全文495文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. 自宅療養中コロナ死21人 7人は入院先決まらず待機中 症状急に悪化

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです