メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ

川辺川ダム、なぜ流水型を選択? 増水時に限って貯水 治水に役立ち水質守る=回答・平川昌範

流水型ダムの仕組み

 なるほドリ 熊本(くまもと)県の川辺川(かわべがわ)に流水型(りゅうすいがた)のダムが建設されることになったと聞いたよ。どんなダムなの?

 記者 川の増水時(ぞうすいじ)だけ水がたまる治水専用(ちすいせんよう)のダムです。ダム本体の底部(ていぶ)に穴が開いていて、普段は穴を通って川の水がすべて下流に流れます。大雨が降って穴から流れきれなくなると自然と水がたまり、下流に流れる水量を抑えます。穴開きダムとも呼ばれます。

この記事は有料記事です。

残り638文字(全文847文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  3. 「かみさまのばか」祖母を奪った阪神大震災 小2で被災した34歳男性が今祈ること

  4. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです