メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

滝野隆浩の掃苔記

柏プロジェクトの10年

 <滝野隆浩の掃苔記(そうたいき)>

 「住み慣れたまちで元気に」「弱っても安心」。千葉県柏市はそうした理想を掲げ「柏プロジェクト」として取り組んできた。UR都市機構、東京大学高齢社会総合研究機構と連携協定を結んで今年で10年。いまや国が推進する「地域包括ケア」構想のモデル自治体である。全国の自治体だけでなく、高齢化が急速に進む中国や韓国からも視察団が来る。

 中心となった一人が市保健福祉部長を務めた木村清一・同研究機構客員研究員(70)。講演を聞いて会いたくなり、都心からJRで30分、柏駅から徒歩20分のUR豊四季台団地に向かう。高度成長期に建てられた、約3200世帯5800人が住む大規模なまちである。

この記事は有料記事です。

残り588文字(全文892文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. 「なぜ?なぜ?なぜ娘だったのか」 福岡・商業施設女性刺殺、被害者の母

  3. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  4. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  5. マスク拒否し緊急着陸させた大学職員逮捕 威力業務妨害などの疑い 大阪府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです