メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ともに・共生社会めざして

母介護で知った社会の障壁 シンガー・ソングライター 大黒摩季さん

=手塚耕一郎撮影

 一緒に時間を過ごすことで分かることはとても多い。シンガー・ソングライターの大黒摩季さん(50)は母親の介護経験がきっかけとなり、障害者が直面する生活や外出時の「障壁」に気づき始めた。東京・渋谷のスクランブル交差点で、新年の神社で、満員のコンサートホールで。車いすに乗った母親の傍らから大黒さんが見たものとは。

 「死にたいなんて言わないで」「お荷物だなんて言わないで」。2018年に発売したアルバムの収録曲「Mama forever」には、ドキリとさせられるフレーズが並ぶ。どれも母から言われた言葉に対する思いだ。「全部実話ですよ。でも、それくらいの言葉はヤワで、もっときついことも言われました」。大黒さんはさわやかな笑顔で明かしてくれた。

この記事は有料記事です。

残り1905文字(全文2225文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  4. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  5. 高齢者施設のクラスター封じ込めへ 大阪府「スマホ検査センター」12カ所に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです