メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

囲碁・将棋スペシャル

将棋 C級2組 谷合四段、26歳3カ月で四段昇段 残り4戦精いっぱい頑張る

谷合広紀四段

 <第79期順位戦C級2組 大橋貴洸六段VS谷合広紀四段>

 今回は大学院生、エンジニア、棋士の三足のわらじを履く、異色の新人、谷合広紀四段(26)を紹介しよう。祖父から将棋を教わり、通っていた将棋教室の縁で中座真七段に弟子入りして中学1年で奨励会入り。順調に昇級して17歳で三段に。ところが三段リーグが厚い壁となり、毎期勝ち越すも、なかなか昇級にたどり着けない。13勝5敗の成績を上げながら次点にもならず。藤井聡太王位に圧勝した期も上がれなかった。だが2019年後期リーグで、1勝3敗から13連勝し、26歳3カ月で四段昇段を果たした。

 奨励会に通いながら東京大に現役合格し、現在は情報理工学系研究科電子情報学専攻博士課程に在籍中。AI(人工知能)車の自動運転コンテストで入賞し、自動運転用ソフトウエアを開発する会社にスカウトされ、パートタイムエンジニアとして車載画像認識のアルゴリズム開発に携わっている。

この記事は有料記事です。

残り1025文字(全文1427文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  2. 新型コロナ 特措法改正案 まん延防止措置、修正 自民、発動厳格化検討

  3. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 余録 米国でスペインかぜが…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです