連載

澤田瞳子の日本史寄り道隠れ道

毎日新聞デジタルの「澤田瞳子の日本史寄り道隠れ道」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

澤田瞳子の日本史寄り道隠れ道

いにしえのペット 官位や紐、自由ならぬ猫

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
平安時代からはるか時を隔てた現代の京都でも、いたるところで猫たちは闊歩(かっぽ)している=京都市右京区の梅宮大社の神苑で、川平愛撮影
平安時代からはるか時を隔てた現代の京都でも、いたるところで猫たちは闊歩(かっぽ)している=京都市右京区の梅宮大社の神苑で、川平愛撮影

 『源氏物語』の中で、一番有名なセリフは何だろう。以前、会食の席でそんな話題が出た。

 著名な語句となれば、高校の国語の授業で習った冒頭、「いずれの御時(おんとき)にか、女御更衣(にょうごこうい)あまた侍(さぶら)い給(たま)いける中に」が挙がるが、セリフとなるとなかなか出て来ない。そんな中で1人が提案し、その場の全員が「確かに覚えている」とうなずいたのが、次のセリフだ。

 ――雀(すずめ)の子を犬君(いぬき)が逃がしつる。伏籠(ふせご)のうちに籠(こ)めたりつるものを。

この記事は有料記事です。

残り2177文字(全文2413文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集