連載

一刀両断

毎日新聞デジタルの「一刀両断」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

一刀両断

大相撲 貴景勝、光った修正能力=芝田山康

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 

 新型コロナウイルスの影響で、福岡国際センターから東京・両国国技館に会場を移して開催された一年納めの11月場所は、大関・貴景勝の優勝で幕を閉じた。貴景勝は千秋楽の結びの一番から優勝決定戦にかけて見事な修正能力を見せたと思う。

 本割では照ノ富士にペースを握られた。下がりながらいなしたことで自らの動きも止まってしまい、最後はたたきつけられるように浴びせ倒された。一転、優勝決定戦では立ち合いから押し込み、大きな相手を一息で押し出した。

 本割を終えて下がる花道奥で、敗れた取組をモニターで見返す貴景勝の姿を見た。反省すべき点を確認し、わずかな時間で修正できた。貴景勝は身長が低く、体格で劣る分、考えて相手を攻略する「頭脳相撲」を取る。力もあるが、頭もいい。

この記事は有料記事です。

残り655文字(全文982文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集