メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エチオピア政府軍がティグレ州都メケレ制圧 空港など主要施設も支配下に

ティグレ州

 エチオピア北部ティグレ州で続く中央政府軍と同州政府のティグレ人民解放戦線(TPLF)との武力衝突で、アビー首相は28日、政府軍が州都メケレを完全制圧したと発表した。現地は電話やインターネットなどの通信が規制されており、双方の被害は不明だ。TPLFは抵抗を続ける構えで、紛争が長期化する恐れも出ている。

 アビー氏は声明でTPLF側の人質となっていた多数の国軍兵士を救出したほか、空港や公共施設、役所といった主要施設も支配下に置いたと明らかにした。一方、TPLFはロイター通信に「最後まで侵略者と戦う決意を強めている」などと述べ、降伏を拒否している。同通信は外交筋の話として、TPLFは政府軍が総攻撃を始める前にメケレから撤収していたようだと報じた。

この記事は有料記事です。

残り204文字(全文528文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. 自宅療養中コロナ死21人 7人は入院先決まらず待機中 症状急に悪化

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです