メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「墓石を美しくすることが親孝行」 栃木・「種市塗石商会」代表、依頼者の感謝に喜び

種市塗石商会の新田貢司さん=栃木県野木町佐川野の法得寺で2020年11月12日午後1時6分、渡辺佳奈子撮影

 ライフスタイルの変化と共に、先祖の供養のあり方も多様化し始めている。病気や高齢化、遠方に住んでいるなどの理由で墓の管理が難しい人に代わり、墓参りや清掃を代行するサービスの需要も高まってきた。栃木県小山市の墓石と石材を清掃、コーティングをする「種市塗石商会」の代表、新田貢司さん(47)は東日本大震災で故郷の岩手県が被災したことを契機に、この業界に足を踏み入れた。新田さんに仕事にかける思いを聞いた。【渡辺佳奈子】

 ――仕事を始めたきっかけを教えてください。

この記事は有料記事です。

残り1203文字(全文1432文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 視聴室 美女と焼肉

  2. 1年に1度しか見ちゃダメ? 幸運もたらす謎の毛玉「ケサランパサラン」

  3. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです