京都・松尾大社に巨大な牛の絵馬がお目見え 来年のえとは「丑」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
拝殿に掲げられた巨大絵馬=京都市西京区の松尾大社で2020年11月25日午後0時3分、矢倉健次撮影
拝殿に掲げられた巨大絵馬=京都市西京区の松尾大社で2020年11月25日午後0時3分、矢倉健次撮影

 酒造りの神様として知られる松尾大社(京都市西京区)の拝殿に、2021年のえと「丑(うし)」にちなんだ巨大絵馬がお目見えした。参拝者らは大きな牛の絵を見上げたり、写真を撮ったりしながら、コロナ禍での年の瀬の訪れを実感していた。

 えとの巨大絵馬の掲出は1983年の「亥(い)」以降の恒例で、出入り業者でつくる「…

この記事は有料記事です。

残り232文字(全文386文字)

あわせて読みたい

注目の特集