メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東陽町駅で視覚障害者の男性が転落し死亡 ホームドアは稼働開始前 東京メトロ

男性が転落した東京メトロ東西線東陽町駅の1番線ホーム=東京都江東区東陽4で2020年11月29日午後2時44分、鈴木拓也撮影

 29日午後0時45分ごろ、東京都江東区東陽4の東京メトロ東西線東陽町駅で、男性がホームから転落し、中野発西船橋行きの電車(10両編成)にはねられた。男性は江戸川区に住む60代の視覚障害者とみられ、病院に搬送されたが、まもなく死亡が確認された。駅には転落を防ぐホームドアが設置されていたものの、稼働開始前でドアは開いたままだった。

 警視庁深川署によると、ホームの防犯カメラには、男性が1番線ホーム上で白杖(はくじょう)をつきながら歩き、足を踏み外して転落する様子が映っており、目撃情報もあるという。男性が誤って転落したとみて、詳しい状況を調べている。

この記事は有料記事です。

残り754文字(全文1029文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. マスク拒否し緊急着陸させた大学職員逮捕 威力業務妨害などの疑い 大阪府警

  3. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  4. ORICON NEWS 松本潤「嵐という船を一度降りて」大河主演決意までの葛藤 オファー一度は保留[コメント全文]

  5. 全国で新たに5320人感染確認 死者は最多の104人 重症者は初の1000人超

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです