メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「苦しい」「効果はあるのか」 名古屋の繁華街でも時短・休業要請スタート

空席の目立った居酒屋。店長の男性は「本来なら忙しい時期なのに、多くの予約がキャンセルになりました」と語った=名古屋市中区栄3で2020年11月29日午後5時57分、高井瞳撮影

 新型コロナウイルスの「第3波」が襲う愛知県で29日、名古屋市繁華街の酒類を提供する飲食店などへの午後9時までの営業時間短縮・休業の要請が始まった。対象となったエリアは人影もまばら。要請が直撃する形となった店主らからは「苦しい」「効果はあるのか」などの声が漏れた。

 対象エリアは名古屋市中区錦3、栄3の一部、栄4の各地区。愛知県は12月18日までの20日間、キャバクラなど接待の伴う飲食店や居酒屋などに時短要請し、感染防止対策を講じていない店舗には休業を求める。

 中区栄3にある各店舗の入り口には「営業時間を短縮しています」と書かれた張り紙が多く見られ、空席が目立った。焼き鳥店に知人と訪れた名古屋市の会社員男性(59)は「日曜日にしては街が静か。仕方ないが、いつもなら忘年会などで多く人が集まるのにさみしい」と話した。

この記事は有料記事です。

残り405文字(全文765文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. ネパール隊がK2の冬季登頂に初成功 世界第2の高峰

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです