日本新薬、4大会ぶり8強 三菱重工広島退ける 先発・岩本が好投 都市対抗

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【広島市(三菱重工広島)-京都市(日本新薬)】広島市に勝利し、喜び合う京都市の選手たち=東京ドームで2020年11月29日、手塚耕一郎撮影
【広島市(三菱重工広島)-京都市(日本新薬)】広島市に勝利し、喜び合う京都市の選手たち=東京ドームで2020年11月29日、手塚耕一郎撮影

 第91回都市対抗野球大会は第8日の29日、2回戦3試合。第1試合は京都市・日本新薬(近畿第4代表)が、今季限りで活動を終える広島市・三菱重工広島(中国第1代表)を5―2で退け、2016年大会以来の8強入りを決めた。

 京都市が一発攻勢で快勝した。1点を追う五回、正木のソロで同点とし、六回には船曳のソロと福永の3ランで勝ち越した。先発・岩本は力のある直球を主体に二回から六回まで安打を許さず7回2失点の好投。広島市は一回に実政のソロで先制し、七回にも1点を挙げたが、八、九回は走者を得点圏に進めながらあと一本が出なかった。

 京都市・松村聡監督 うれしい。(今大会が最後の三菱重工広島に)気合負けしないように試合に入った。打線は粘り強さを出してくれた。試合前に相手以上に元気や気持ちで上回ろうと伝えた。打線は「打てなくても次、打てよ、その努力を怠るなよ」と常々話している。船曳は初戦は無安打だったが結果が出て良かった。(先発の)岩本は粘り強く投げた。うちはバッテリーを中心とした守りのチームで、ピッチャーが本当に良い。調子の…

この記事は有料記事です。

残り357文字(全文818文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい