メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

競馬ジャパンカップ アーモンドアイが有終の美 引退レースで最強証明

ジャパンカップを制したアーモンドアイ(左)=東京都府中市の東京競馬場で2020年11月29日、佐々木順一撮影

 東京競馬場(東京都府中市)で29日に行われたジャパンカップ(GⅠ・芝2400メートル)で、自らの最多記録を更新する芝GⅠレース9冠に輝いたアーモンドアイ(5歳牝馬)。無敗の3冠馬として挑んだ3歳馬2頭の挑戦を退け、「史上最高メンバー」と称されたレースで「現役最強馬」の称号を守ったまま、ターフに別れを告げた。

別れを告げるGI9勝目

 相手や位置取り、馬場の状態などを問わず、これまで常に持てる力を出し切ってきた。3歳時のオークスや秋華賞では、レース後…

この記事は有料記事です。

残り621文字(全文846文字)

真下信幸

毎日新聞東京本社運動部。1990年、神奈川県生まれ。2013年入社。鳥取支局、福山支局(広島県)を経て、18年4月から現職。パラスポーツや社会人、高校などのアマチュア野球を担当。19年はラグビーW杯も取材した。高校時代はラグビー部に所属。全国屈指の強豪・桐蔭学園からチームで奪った1トライを今でも自慢している(試合は7ー52で敗戦)。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「存在しません」東京五輪ツイッター公式アカウント 規約抵触で 24日午後に復旧

  2. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  3. 岐阜県知事選 古田氏が5選 新人3氏を破る

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 菅首相、SNS活用を学ぶ 「曲解して伝わる仕組み」に強い関心

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです