九州勢躍進の秘密は馬力アップ 2試合連続弾のホンダ熊本・山本卓 都市対抗

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【東京都(JR東日本)-大津町(ホンダ熊本)】四回裏大津町無死、山本卓が同点となる右越えソロ本塁打を放つ=東京ドームで2020年11月29日、平川義之撮影
【東京都(JR東日本)-大津町(ホンダ熊本)】四回裏大津町無死、山本卓が同点となる右越えソロ本塁打を放つ=東京ドームで2020年11月29日、平川義之撮影

 第91回都市対抗野球大会は第8日の29日、第2試合の2回戦で大津町・ホンダ熊本(九州第1代表)が東京都・JR東日本(東京第1代表)に4―1で逆転勝ちし、準々決勝に進んだ。新人の1番・山本卓が2試合連続本塁打を含む2安打3打点の活躍を見せた。

 ウエートトレーニングで馬力がアップした大津町打線が、優勝候補の一角である東京都の投手陣を打ち崩した。筋力強化の効果を示した代表格が、新人の1番・山本卓だ。

 四回、先頭で左打席に入ると、三回までパーフェクトに抑えられていた東京都の高橋から、2試合連続本塁打となる同点ソロ…

この記事は有料記事です。

残り524文字(全文780文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい