先輩から学んだ価値ある1年 三菱重工広島の新人右腕・長島 都市対抗

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【広島市(三菱重工広島)-京都市(日本新薬)】六回裏京都市無死一、三塁、福永(右奥)に3点本塁打を打たれて悔しげな広島市の長島(中央)=東京ドームで2020年11月29日、手塚耕一郎撮影
【広島市(三菱重工広島)-京都市(日本新薬)】六回裏京都市無死一、三塁、福永(右奥)に3点本塁打を打たれて悔しげな広島市の長島(中央)=東京ドームで2020年11月29日、手塚耕一郎撮影

 第91回都市対抗野球大会は第8日の29日、東京ドームで2回戦があり、広島市・三菱重工広島(中国第1代表)は京都市・日本新薬(近畿第4代表)に2―5で敗れた。来年は本社・三菱重工業の野球部再編があり、現チームでの“最後”の都市対抗が幕を閉じた。2番手として救援した新人の長島彰は六回、2本塁打を含む4連打を浴び、4失点して降板した。

 途切れない歓声は、一発攻勢に沸く相手に向けられていた。同点とされ、流れを断つために2番手でマウンドを任された広島市のルーキー右腕・長島は手痛い2本塁打を浴び、…

この記事は有料記事です。

残り632文字(全文878文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい